低コストで簡単に導入できる飲食店向け多機能POSレジ

SITEMAP
レジ打ち

エントリーオーダー式のPOSレジで飲食店の時間と距離のロス削減

レジ

飲食店におけるオーダー業務には、時間と距離のロスが生じていることは少なくはありません。ホールスタッフが客席でオーダーを受け、紙とペンで手書きし、厨房までオーダー用紙を届ける、さらに厨房までオーナー品を受け取りに行き、配膳するという一連の行為は当たり前であるものの、多くのロスが生じています。飲食店におけるこれらの問題を大幅に解決する方法として、POSレジを導入しましょう。
今ではPOSレジも、市販のタブレット端末やスマートフォンを利用したエントリーオーダー方式が主流です。エントリーオーダー式ならオーダーはタッチ操作、オーダー情報はリアルタイムで厨房に通知されます。そのため、注文内容の手書きにかかる時間、オーダー用紙を届けるといった時間と距離がなくなります。また、セルフオーダー式のPOSレジなら、飲食店に常時配置されるスタッフが少なくても効率的な運営が行えます。オーダーを受けに行く動作がなくなり、配膳と片付けに専念でき、動線距離も必要最小限になります。そのほかにも、オーダー情報は客席で確認でき、精算する際には精算用紙をプリントアウトしてレジまで持って行くだけの方法も可能です。プリントした用紙に印刷されたバーコードや電子コードを読み込ませるだけと、精算業務も効率化できるだけでなく、レジの無人化も可能になり、スタッフの往来も不要になります。

latest recent