低コストで簡単に導入できる飲食店向け多機能POSレジ

SITEMAP
レジ打ち

飲食店の外国人観光客対応にPOSレジを導入しよう

タブレットを操作する店員

インターネットによる口コミは、日本人のみならず外国人観光客にも評価され、さらに外国人観光客が増えるといったことに繋がります。しかし、日本語が理解できない外国人も増え、飲食店においては対応に迫られます。ですが、スタッフが外国語を習得するには時間がかかるため、早急な対応を検討しているならPOSレジを導入するのがおすすめです。
POSレジなら、飲食店で提供するメニューを英語や中国語など、公用語として用いられる言語に対応させるだけで済みます。さらにセルフオーダー式のPOSレジシステムなら、外国人のお客さんが自ら注文ができるため、オーダー業務でスタッフが英語を取得できていない場合でも問題がありません。また、多言語対応のPOSレジなら、メニュー内容にもアレルギー食品や宗教上の食べられない食品にも対応することができ、飲食店における外国人観光客とのトラブルも軽減できます。外国語での問い合わせ対応に時間を費やし過ぎるといったことがありません。また、精算も多言語対応しており、レジスタッフが日本語しか話せなくても、ディスプレイに説明表示してくれるためスムーズな対応が可能になります。メニューの多言語変換などもPOSレジのシステム運営会社が対応してくれるため、飲食店側で翻訳するといった負担もありません。

latest recent