低コストで簡単に導入できる飲食店向け多機能POSレジ

SITEMAP
レジ打ち

複数店舗のデータ連携は飲食店向けPOSレジを導入しよう

釣銭を渡す

複数店舗の飲食店のオーナーの方、売上や経費などの会計データ連携に悩まされていませんか。売上報告は営業終了後の遅い時間帯になりスピード対応ができない、経費集計を行うために経理スタッフが必要など問題もあります。特にリアルタイムの売上集計は、素早い経営判断を行うのには必要不可欠な情報です。そこで、飲食店向けPOSレジを導入するのがおすすめです。
飲食店向けPOSレジは、エントリーオーダーやセルフオーダーによりリアルタイム集計が行われ、ネット回線を利用し複数店舗のデータが集約できます。さらに経費データと売上を店舗ごとに比較することで、無駄の把握もできます。そして、POSレジによりこれまで確保が問題となっていた経理スタッフも解決できます。売上集計を行うため、経費処理を行うためだけに、店舗の業務に関与しないといったこともなくなります。経費処理もPOSレジで入力するだけと、領収書や請求書を参考にパートやアルバイトでも経理知識がなくても行えます。人件費についても、POSレジの機能により勤怠情報から集計を行うため、店長が給与計算を行うといったこともありません。全てリアルタイムでの把握ができるため、月末にデータが集まり、遅れながらの経営対策を行うこともなくなります。また、人気のないメニューを統計データを用いて見直すことも可能です。

latest recent